読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

救済措置

彼氏にフラれたアラサー女が立ち直るためのブログ。

マゾなので失恋後にaiko聴く

先週、彼氏にフラれた。

現在も精神状態は最悪。食欲はないわ仕事中にも涙出るわ眠れないわで酷い。

常に胃に漬物石のってる感じで吐き気がする(でも吐けない)。

そんな失恋真っ只中に一番聴いてはいけない音楽、それはaikoだ。

私はaikoの熱烈なファンというわけではないと思う。

アルバムも数枚しか聴いたことないし、ライブにも行ったことはない。

ただ、私の中にaikoは確かに息づいている。

だからこそ、人生最大に傷つき、絶望している今、aikoだと思ったのだ。

 

(本当は中島みゆきを聴こうと思ったけどマジで精神崩壊すると思ってやめた)

http://j-lyric.net/artist/a000701/l00f4a9.html

歌詞だけ読んでも死ねる。

 

さて本題のaikoであるが、私はこの曲が大好きだ。

http://j-lyric.net/artist/a000619/l00f029.html

夏服というアルバムのシークレットトラックとして入っている『夏服』。

これが、失恋後には沁みる。いや、そんなもんじゃないな、ピンポイントに目にレモン汁ですな、沁みる沁みる。確実に泣く。

お願いあたしより先にその夏服を着ないで

冬の切なさ引きずったまま

あたしはそっちに行けない

『夏服』aiko

自分だけ終わった恋を忘れられていない悲しさ。

夏という明るい季節を受け入れられない感じ。

今の段階ですでにこれ聴いて号泣ものだけど、このまま忘れられないで今年の夏に差し掛かったら私この曲で二度泣くことになるんじゃないか?いや、なる。この調子だと間違いなく、なる。

 

あとは『今度までには』なんかも失恋心に大打撃。

http://j-lyric.net/artist/a000619/l001935.html

 あれも素晴らしくてこれも素敵だった

悲しいけれど切ないけれど

あれもこれも忘れるのかなぁ

そして最後にあなたの温もりも忘れるのかなぁ

『今度までには」aiko 

この曲はメロディーも秀逸だ。aikoならではのアップダウンが心を揺さぶる。

「悲しいけれど切ないけれど」の部分は歌詞だけでみるとシンプルすぎるくらいだが、曲を聞くと感情の高まりがうまく表現されている。

恋愛が終わった時、辛くて辛くて、忘れなきゃって思ってはいるけれど、結局は忘れてしまうことの恐怖もその中にはあるのだろう。

 

病みに病んでいる最近の私は「失恋」「名言」とかで検索かけたりしているのだが、その中で見つけた名言がこちら。

 

『失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。』宇野千代

 

これはかなり的確だ。忘れられないからじゃなくて、忘れたくないから辛いのだ。

あんなに楽しかったことを忘れる。

あんなに優しかった彼を忘れる。

こんなに辛いことはない。