救済措置

彼氏にフラれたアラサー女が立ち直るためのブログ。

彼氏にフラれたので街コンに行ってきた【その①】

彼氏にフラれた直後のゴールデンタイムを、元カレ(元元元カレ)召喚という禁じ手で乗り切った私。

anyanyany.hatenablog.com

 

しかし待っていたのは日曜日。

なぁ〜〜んにもない日曜日。

 

選ばれたのは、街コンでした。

 

とにかく一人で過ごしてはならないと思った。

友達を誘ってもその後が虚しい。

どうせなら未来に繋がる希望を見出したい。

そんなわけでちょうど今日開催される街コンがあったので、勢いでポチっとした次第である。

 

 

 

 

 

 

私は泣くと信じられないくらい目が腫れる。

マジでこうなる。

 

前日の夜おいおい泣いたので心配だったが、鏡を見ると幸運にも腫れていなかった。

が、外も晴れていなかった。

 

ものっすごい、雪。

 

ちょっと挫けそうになったが、雪国で生まれ育った意地でなんとか出発。

行ったことのない店で、しかもすすきの中心部から離れた場所だったので少し迷った。

 

お店は所謂女子会向けという感じ。外観がピンク。普段なら絶対行かない店である。だって絶対ホヤの塩辛とかエイヒレの炙りとかないじゃん。

 

雪を払いながら入店すると受付の女性がいて、その人にネットで申し込んだときのIDと免許証を見せる。(年齢はかなりしっかり確認しているようだ。確かに信用に関わるもんな~)

 

【今回の街コン情報】

  • 年齢制限は、男性:22~29歳、女性:20~29歳
  • 人数は男女合わせて40名程
  • テーブルに男女それぞれ2名ずつ座り、約20分で男性が席を移動していくスタイル
  • 5回のテーブル移動があり、合計12人の男性と話した。
  • ほとんどが一人参加(女性はわからない)
  • 途中でゲーム大会があった。

※ゲーム大会で使うのであらかじめ『カップリンク』というアプリをダウンロードしておくように言われていた。所謂出会い系アプリのようだが、ゲームというのがこのアプリを使う意味あるのか?という内容(AとBの商品のどちらが欲しいかをアプリで投票。じゃんけん大会で一位になった人が投票の多かった商品を貰える)だったので、たぶんこのアプリをダウンロードさせるためのゲームだったのだと思う。商売!商売!

 

さて、前置きが長くなったが、今回の街コンで出会った人達のお話をしたいと思う。

 

【1組目】

全員揃って乾杯するまでの時間があるので、一番最初の人が一番話す時間は長い。

隣の女性(すなわち本日の街コンを最後まで共にする運命共同体)はキャピキャピした感じはなく、おとなしい雰囲気の人だ。よかった。

そして、男性のAさん(24歳)とBさん(27歳)。第一印象はスポーツタイプとインドアタイプ。なんとも真逆な雰囲気の二人が並んでいた。

スポーツタイプのAさんを見て、「この人、野球部で、消防士だ」と思った。

当たった。

すごいぞ私。まあだいたいわかるんだよ野球部出身の消防士は。短髪への並々ならぬこだわり、肩幅を目立たせるぴったりした黒のVネックTシャツ、シルバーのネックレス。そういうことですよ。

苦手なことの多いタイプだが、Aさんはオラついた雰囲気もなく、モテ職業ファイヤーマンを鼻にかけることもなく、話しやすい人だった。SF映画が好きだと言う。私は映画は好きだがSFは全く観ない。ただ、スター・ウォーズだけは数年前にちょっといい感じなった男性に半ば強引に観せられたので少しわかる。チューバッカが可愛いという話でしばらく盛り上がった。

 

 「チューバッカ」の画像検索結果

 

スター・ウォーズを観たことがないという人がいたら、ちょっとだけでも観てみることを勧める。面白いかどうかは別にしても、その世界観やキャラクターの多彩さは目を見張るものがあるし、とにかくネタの宝庫だ。少し知っているだけで話題に事欠かない。

 

それにスター・ウォーズネタは曲の歌詞にもよく出てくる。

私の大好きなこの曲にも「ハン・ソロ」という人物が出てくるが、映画で初めてハン・ソロの顔を見た時、話だけ聞いていた友人の友人に初めて会ったみたいな、そんな気分になったりならなかったりでちょっと感激した。

www.youtube.com

 

あと、電気グルーヴ×スチャダラパーの『聖☆おじさん』という曲にも「さわるとベトつくチューバッカ」というリリックがあったりなんかする。

 

とまあ、スター・ウォーズの話はこれくらいにして。

 

もう一人のBさんは職業が薬剤師。調剤薬局に勤めているそうだ。

私「いつもお薬手帳どっかいっちゃうんですよね~(ヘラヘラ)」

Bさん「あれ持ってきてもらえるとすごい助かるんですよ~」

私「マジですか・・・すみません」

と謝罪しつつ。

Bさんとは他にどんな話をしたかイマイチ覚えていないのだが、このBさんとは後に2人で飲みに行くことになるのである。その話についてはまた後日書きたいと思う。

 

街コンレポートまだまだ続きます。