読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

救済措置

彼氏にフラれたアラサー女が立ち直るためのブログ。

彼氏にフラれたので街コンに行ってきた【その④】

前回の街コンがあまりにひどかったので、リベンジしてきた。

前回はこちら。

 

anyanyany.hatenablog.com

 

 

【今回の街コンの詳細】

年齢制限 男性25〜32歳 女性23〜31歳

参加人数 男性10名 女性11名

着席形式。4テーブルを男性が30分おきに移動。

場所 かなりお洒落なカフェ

参加費 女性 3,500円

 

前回の反省を活かし、今回は年齢層が出来る限り自分に近いもの。そして大手の主催で、店の雰囲気が良さそうなものを選んだ。

サイトをざっと見た中で、女性参加費3,500円は高めの設定金額である。

 

 

当日。

街コンは午後からなので、その前にずっと観たかったララランドを観ようと午前中に出発した私であったが、映画館は家族連れでごった返していた。

しまった、ドラえもんの映画やってるんだった。

チケットカウンターは行列で、とてもじゃないが辿り着けそうもない。私としたことが…。ネットで購入すると割引がきかないからと予約を怠ったのが災いした。

 

とにかく今の私にとって「暇」は禁物だ。暇があると余計なことを考えて泣けてきてしまう。まずい、このままでは暇にボコられる。

 

というわけで、数年ぶりに一人カラオケに行った。

すすきのにあった一人カラオケ専門店が潰れてからというもの遠ざかっていた一人カラオケであったが、久々に来ると、

楽しい。

これは映画より良かったかもしれない。

調子に乗って十八番をバンバン入れて歌った。そして気付くと私は、

号泣していた。

というのも、今まであまり意識したことはなかったが、私のカラオケの十八番曲は失恋ソングばかりだったのである。気付かないで歌っているうちに、

「私はあんたの」

「お守りでいい」

「じゅうとごごぉろぉにぃ…(号泣)」

いやまあラブイズオーヴァーっていうタイトルで気付けよという話なのだが。

逆にこれ一人カラオケで判明して良かった。友達と何気なくカラオケ行った時にやらかしてたらやばかった。危ない危ない。

こうなるともう止められない。

リビアを聴いたり、さよならの向う側に行ったり、あなたのキスを忘れようとしたり、もう恋なんてしなかったり、そんなことをしているうちに、私の顔面はぐちゃぐちゃになった。街コン行くのに。

 

今回で確信したが、失恋して家でおいおい泣いているという人がいたら、ぜひ一人カラオケに行くことをおすすめする。私もこんなときに一人カラオケなんてしたら余計虚しくなって精神崩壊すると思っていたのだが、想像以上にすっきりした。歌うという行為の発散力には驚かされる。家でただ声を上げているよりも「歌詞を歌う」ことで生産性が生まれるし、自分の泣き声だけが響く空間にいるよりも、音楽があって、間奏もあって、無音の時間の虚しさを感じる間もなく次の歌詞が来る感じがいい。泣くこと、発散することに集中できる。

 

 

前置きが長くなってしまった。

2時間がっつり歌った後、化粧を必死に直して街コンの会場へと向かった。

カフェの2階を貸し切りにしていた。ネットで見ていた通り、超お洒落な店である。お洒落すぎる店あるある、入口がどこにあるかわからない現象に陥りつつ、キョロキョロしながら何とか入店。

全体的に人数は少なめだったものの、今まで行った街コンと比べて男女共にお洒落な人が多い印象。やはりお洒落な人は街コンもお洒落な店を選ぶのか。

しかも今回は今までで一番料理がおいしかった。しかも飲み放題にビールが入っている。やりぃ!(ただし、見たところ女性でビールを飲んでいたのは私だけであった・・・)

街コンを選ぶ際、どんな雰囲気の店でやるかというのも重要なチェックポイントであると再確認した。前回の店との高低差で耳キーーーンである。

 

私は2人組で来ていた27歳の女性2人と相席。今までは割と大人しい感じの女性と一緒になることが多かったが、今回の2人は積極的に質問したりするタイプだったので、私はのっかるだけで良く、そういう意味ではなかなか楽ちんであった。

 

【1組目】

会社の同僚という2人組男性と、1人参加の男性の3名。確か25~26歳。少し若いかなという印象だったが、気さくな人たちで楽しく話した。

街コン後、この時の1人参加の男性から私のことを気に入ってくれた風のLINEが来たのだが、この人のプロフィールシートの好きな音楽の欄にUVERworldと書かれていたのでたぶん仲良くなれない。

 

【2組目】

会社の先輩後輩だという2人組。30歳と27歳。

会場をざっと見た時に、こちらの先輩(30歳)の男性が一番好みだなあと思っていた。穏やかそうな雰囲気で、話も面白い。

街コン解散後すぐ後輩(27)さんからLINEが来て、この2人と、私と一緒だった女性2人と2次会に行った。結構盛り上がって3時間以上飲んでいた。

そしてその次の日、先輩(30歳)から今度ご飯行きましょうとLINEをもらい、来月初めに行くことが決定。これは結構嬉しい。

 

 【3組目】

 会社の同僚という2人組。29歳眼鏡男性と26歳ストール男性。

眼鏡男性はLINEのアイコンが、

 

「きゅーべえ」の画像検索結果

 

やばい。魔法少女にされる。

 

たぶんオタク系趣味をお持ちなのだろうが、服装がちゃんとしているのでそういう風に見えない。

トール男性は、はっきりとした目鼻立ちにがっつり整えた太眉が凛々しい。ストールが似合いすぎて逆に恐ろしいくらいである。札幌にはなかなかいない出で立ち。

一緒にいた女性がこの人のことを「ディズニーに出てくる悪い王子様」と評したので爆笑してしまった。

 

 

そんなこんなで今月3回目の街コンが終了。

先程も述べたが、今回は会費が少し高かったためか、店の質・料理の質・お酒の質がとても良かった。それに伴い参加していた人もお洒落で落ち着いた雰囲気の人が多かった。

しかしその一方で、ガツガツするのを嫌いそうな男性が多かった。自分から盛り上げようという意識は低め。自分のこともあまり話してくれなかった印象。洒落ていて余裕のありそうな男性を好む人には適していたと思う。

逆に、男性から積極的にがつがつ話しかけてほしい!という人は、あまりお洒落すぎない店で開催される街コンに行ってみるという手もあるかもしれない。

 

 

さて次回は・・・初めての趣味コンに挑戦してみようと思う。